ひざサポートコラーゲン臨床試験結果とは

「膝サプリ大集合 ~比較表付き~」でも取り上げられているひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品となっています。

機能性表示食品というのは、事業者の責任において、科学的根拠の基づいた機能性を表示したものです。

安全性や機能性の根拠などの情報が消費者庁に届け出されたものです。

ひざサポートコラーゲンの表示機能性は、「膝関節の曲げ伸ばしを助ける」となっています。

【行われた臨床試験の内容】

ひざサポートコラーゲンで行われた臨床試験の内容は、膝関節に不安がある40歳から78歳までの男女29名に対して16週間、15名にはコラーゲンペプチドを含んだ食品を摂ってもらい、14名にはプラセボを摂ってもらいます。

【臨床試験の結果は】

コラーゲンペプチドを摂取した人は、安静時における膝の痛みが改善されたという結果が出ました。

一番効果が出たのは、摂取し始めて8週目になったころです。

コラーゲンペプチドには膝関節の曲げ伸ばしを楽にする効果があることがわかったのです。

【ひざサポートコラーゲンの信頼性】

ひざサポートコラーゲンは、16週もかけて臨床試験を行いました。

その結果、ある程度の効果があったと考えられ、膝関節に関するサプリメントの中では信頼できる商品であると言えるでしょう。

医薬品ではないサプリメントでこのような臨床試験の結果が出されているものは少ないです。

食品由来のサプリメントにおいては臨床試験のデータを出していないところがほとんどです。

そんな中、ひざサポートコラーゲンは長期に渡って行った臨床試験の結果を発表しており、良い効果があるものと考えて良いでしょう。